Recruit採用情報

わたしたちが働いています

Interview

No.02

訪問看護事業

「ナース花きりん」

障がい者が労働を通して生きがいを見出せる社会作りを目指しています。
そんな社会をわたしたちと一緒に作っていきませんか?

訪問看護のやりがいについて
訪問看護は、病院内の看護と別の知識や技術が求められますが、利用者に寄り添い一緒に伴走できる看護活動ができること、その過程で一緒に悩むことができることは、看護師以上に人間としての成長になっています。必要な支援を適材適所で迅速に行うことができることができ、利用者の満足と生活のしずらさの緩和に至ることは、訪問看護のやりがいになります。
当法人の理念の一部に「障がいをもつ人たちが地域の人とのつながり、安心して快適な生活ができる地域づくりに貢献していく」 という文言がありますが、誰もが患う精神障がいに対して、地域の方に理解してもらうための地域活動ができる職場は、私のやりがいになっています。
地域での 訪問看護活動を通じて、自分が住む場所で看護師として街づくりに参加していきたいです。
ナース花きりんの良さ
様々な経験を重ねた先輩が在籍していますが、とても温かく、笑顔の多いポジティブな職場環境です。希望した研修は、可能な限りで参加させてもらえるなど各自が学べる環境にあります。私は、これから子育てを行う家庭環境にありますが、仕事と家庭の両立を応援してくれる先輩たちに囲まれて仕事ができることが嬉しいです。
その他 法人内に訪問看護以外の事業があるメリット
法人内に訪問看護ステーション以外の事業所があり、顔が見える多職種連携ができ、訪問看護以外の視点を取り入れながら、包括的に支援できる安心感があります。必要時は、法人外の事業所や知識の紹介をしてもらえるので、地域のつながりを大切にした関わりができます。

他のインタビューを見る